Event is FINISHED

IN&OUT&灯台もと暮らし「北海道新幹線開業前夜! 上野で考える函館の未来」

Description

2016年3月26日、ついに北海道新幹線が開業します。これまで飛行機での移動が中心だった東京ー函館間に新幹線が開通することで、私達の生活はどのように変わっていくのでしょう。函館のローカルメディア『IN&OUT ーハコダテとヒトー』と、これからの暮らしを考えるウェブメディア『灯台もと暮らし』が、函館市役所の方を交えながら、〝これからの函館の暮らし〟について考えてみようと思います。



本イベントを主催する『IN&OUT ーハコダテとヒトー』は、
〝函館の外から、函館を考える〟をコンセプトにした、「函館を出ようとしている人」「函館で暮らそうとしている人」のための情報メディアです。

メインコンテンツは、「他の街で暮らしている函館出身者」「他の街から函館に移住(もしくはUターン)してきた人」という2つのカテゴリーのインタビュー。内側と外側という〝2つの視点〟を持った方々の体験談を通じて、函館という街を多角的に掘り起こし、進路や移住に悩む方々の背中を押せるようなメディアを目指しています。



灯台もと暮らし」は2015年1月にオープンしたウェブメディア。これからの暮らしを考えるをコンセプトに、 徳島県神山町、島根県海士町などの地域特集のほか、訪日特集、女性の生き方を考える連載など数多くの記事を作成。メディア運営の舞台裏をnoteの有料マガジン「もとくらの袋とじ」で公開したり、「宜しく伝える(sponsored)」カテゴリを設置したりと、メディアの新しい運営方法も模索中。こだわりは一次コンテンツを作ること。

代表の鳥井弘文さんは函館出身の方で、以前IN&OUTでもインタビューを行わせていただきました。


今回のイベントでは、函館市役所の職員の方にも登壇していただきます。

普段、市役所の方と直接お話をする機会はあまりないと思いますので、是非この機会に気になることや質問などを投げかけていただければと思います。



当日は、「北海道新幹線って実際どうなの?」というテーマを軸に、メディア運営を通じて感じた東京と函館の差異や、地元を離れることの意義、函館市の現状や今後の見通しなどについてお話しようと思います。

地元で暮らすのが豊かなことなのか、地元を離れるのが有意義なのか、そこに明確な回答はありません。

強いて言うならば、どちらの選択も正解なんだと思います。

だからこそ、北海道新幹線開業という機会に改めて、移住や、暮らし、函館の未来について考えてみたいと思います。


また、ローカルメディアを立ち上げる上で最も重要視した〝同郷の人間が運営するという説得力〟や、普段は別々の仕事をしながらも記事を作るときには集結するという〝地域の青年団的な活動スタイル〟、そしてIN&OUTが目指す〝自給自足のWEBメディアのかたち〟など、地元に内側と外側から影響を与えられるようなローカルメディアの在り方についてもお話します。

人の声から街を多角的に掘り起こすことを目的に〝インタビュー形式のローカルメディア〟というかたちに至った経緯や、実際の取材スタイル、地元の反応などについてもお話するので、函館に限らずローカルメディアに興味がある方にも、是非ご参加いただければと思っています。

質疑応答の時間も設けておりますので、参加者の方からのご意見やご質問もお待ちしております。

イベントの後には懇親会も予定しています。東京で暮らす函館の人や、函館に興味関心を持っている方の交流の場となれば幸いです。


===============================


【登壇者

・阿部光平(IN&OUT ーハコダテとヒトー)

1981年、北海道函館市生まれ。戸倉中学校から函館東高校に進学。

日本大学卒業を機に、5大陸を巡る地球一周の旅に出発。帰国後、フリーライターとして旅行誌等で執筆活動を始める。現在は雑誌やウェブ媒体で、ライブレポートから原発問題まで様々なジャンルの取材・執筆を行っている。

東京で子育てをする中で、移住について真剣に考えるようになり、仲間と共に『IN&OUT ーハコダテとヒトー』を立ち上げた。



・鳥井弘文(灯台もと暮らし)

北海道・函館市生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒。

大学卒業後、中国・北京へ渡り日系ITベンチャー企業に勤務し、中国版Twitterと呼ばれる微博(ウェイボー)を中心とした日本企業の中国国内PRに携わる。

帰国後は、新しい時代の生き方やライフスタイルを提案するブログ「隠居系男子」を運営開始。半年で月間25万PVを達成し、現在はBLOGOSとFashionsnap.comにも転載中。

2014年9月に起業し、株式会社Waseiを設立。これからの暮らしを考えるウェブメディア「灯台もと暮らし」を運営している。



・沼田伸之輔(函館市役所)

1986年生まれ。中学校入学時から両親の出身地である函館へ。桐花中学校から函館高専へ進学し、卒業後は北関東の自動車メーカに就職。

社会人4年目の時に、地元へのUターンを考えはじめ、縁あって2011年から函館市で働き始めることに。以後、窓口部門にて多くの市民の声を聴きながら勤務。2015年4月より現職である国土交通省派遣となる。


===============================


【開催概要】

▼日時

2016年3月25日(金) 19:00 - 22:00


▼タイムスケジュール

18:30 開場

19:00 - 19:30 オープニングトーク(自己紹介&活動紹介)

19:30 - 20:30 トークセッション

20:30 - 21:00 質疑応答

21:00 - 22:00 懇親会


▼会場

いいオフィス

〒110-0015

東京都台東区東上野2-18-7 共同ビル 3F


▼参加費

2,000円(イベント+懇親会) ※懇親会はドリンク(アルコールあり)、軽食付きとなります


▼こんな方は是非ご参加ください!

・「IN&OUT」の読者の方

・「灯台もと暮らし」の読者の方

・函館出身の方

・函館へのIターン、Uターンを考えている方

・地域移住に興味がある方

・ローカルメディアに興味がある方

・北海道新幹線に関心を持っている方

・「IN&OUT」編集部に会ってみたい方

・「灯台もと暮らし」編集部に会ってみたい方


▼主催

IN&OUT ーハコダテとヒトー


▼共催

これからの暮らしを考えるウェブメディア「灯台もと暮らし」(株式会社Wasei)


Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-03-03 03:04:57
More updates
Fri Mar 25, 2016
7:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
イベント+懇親会(軽食、アルコール含む) ¥2,000
Venue Address
東京都台東区東上野2-18-7 共同ビル 3F Japan
Organizer
IN&OUT ーハコダテとヒトー
37 Followers